So-net無料ブログ作成

お母さんが亡くなった人に [死]

お母さんを亡くされて、
今が一番辛い時期かとお察しします。

私も母を10年前に亡くしましたが
がんと分かってから亡くなるまでに半年ありましたし
セカンドオピニオンや、
やると良いと言われあらゆる手を尽くしたにもかかわらず、
亡くなった後は後悔の嵐でしたから
病名は違ってもあなたも、
現実感覚がなくても当たり前だと思います。
悲しいときに心から悲しむ
それが全てだと思います。

母ががんと分かった時から、現実感覚がなく
ロボットのように
決めるべきことや
やるべきことを淡々とこなしました。

母が亡くなったとき、
目の前が真っ暗になり、
底なし沼に沈んでいくような感覚を味わいました。

数か月たっても、悲しみは消えませんでした。
その時会った友人は、
数年前にお父さんを亡くされていましたので
「いつになったらこの悲しみが消えますか。
私はまだ、悲しくて仕方ありません。」
と聞きました。
友人は「私は5年たっても、思い出すと泣けてきます。
ましてや、あなたのお母さんは亡くなったばかり。
悲しくて当たり前です。」
と言ったのです。

それまで、早く元気になってね、とか、
子供がいるから気が紛れていいね、とか、
励ましの言葉をたくさんいただいていたので、
悲しいときは悲しんだ方がいい、と、知識でわかってはいても、
はやく元気にならなければ、と、思っていました。
でも、彼女の話で、そうか、5年たっても悲しんでいいんだ。
と、納得して、自分が悲しんでいることへの罪悪感がなくなりました。
10年たった今でも、どうして亡くなったんだろう、
と思い悲しくなることはあります。

神経質でなくても、
世界中の人が、
お母さんが亡くなったら、悲しいのです。
だから、あなたの今の状態は神経症でもなんでもない、
むしろ健康的な反応です。
どうにかしようとせず、思い切り悲しんでください。
森田先生のおっしゃるとおり、日にちだけが薬です。
貴方は何もおかしくありません。
普通です。泣いていいのですよ(20170216記)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児