So-net無料ブログ作成
検索選択

先生の忙しさ [教師]

教師が忙しいと報道されたようで
それに対して民間だって忙しい
と反論される方があります
民間も確かに忙しいでしょう
平日も終電
土日も仕事という人も知っていますが
民間は営利追求が第一目的
ブラック企業でない限り
忙しさの対価が時間外手当
休日出勤手当
期末勤勉手当などで支払われ
出世にも響くことでしょう

話題の教師は公務員
公務員は全体の奉仕者なので
少し話が違います
特に教師は時間外や休日出勤手当がでません
昔は土日出勤のかわりに
代休を夏休みにまとめてとっていたようですが
一般の公務員なら代休は
休日出勤の前後(?)一週間以内に取るのが原則
取らなかったら休日出勤手当で補う
という一般の公務員に合わせて
10年前ぐらいから
夏休みに代休がとれなくなって
かといって休日出勤の前後
一週間以内に代休が取れる人は皆無
でも休日出勤手当は出ない
と、教師たちにとっては実質勤務条件が改悪されました

でも教師は
自分たちは行政職の人より
基本給が高いから仕方ない
とあきらめているようです

行政の人が
教師と同じだけ
(平日朝6時から夜11時まで、土日9時から12時としても)
時間外と休日出勤をしたら
行政の方が基本給は安くても、
手当だけで今の教師の基本給を超えます
でも全体の奉仕者だから我慢しろ
つまりそれぐらいブラック企業なのが学校

先生の仕事は
子供に勉強を教えるだけでなく
テストの採点や毎日のノートや提出物のチェック
成績を付けたりこの辺はみんな知っています

休憩時間のはずの昼も給食指導
掃除指導
授業前後は部活指導に委員会の指導
早朝街頭で親ともに生徒指導
夏休みなども校区のお祭りやゲームセンターなどで生徒指導
普段は学校の内外の掃除や備品の保守点検
会議や地域の学校同士の勉強会
先生が少ない学校では
一人の先生の負担が多いようです

もちろん狭き門の教師に好きでなったのだから
大変でも仕方ないでしょうと
みんな思っているのでしょうが
実態を知ると本当に気の毒です
雑事が多い
の一言では片付けられないぐらい授業以外の仕事が多い
事務もたくさんあります
事務屋なら簡単な事も慣れない先生は時間がかかります
でも学校事務の人は一人か二人ぐらい
クラスの事務は先生の仕事
給食の滞納の催促も担任

大学を出てすぐ教師になって
常識も知らず
会社なら上司や先輩が教えてくれることも
忙しくて同僚の先生に教わる暇もない
入社一年目はコピーとお茶くみ
なんてとんでもない
入った瞬間から一人前

朝から晩まで学校で
家庭を持っても家族と疎遠

そんな悪い環境の中でたいていの先生は
よく頑張っていると思います
掃除や給食の配ぜんや備品管理、滞納整理
事務、部活指導など、外注できそうなものはたくさんありますが
学校は基本貧乏
良質の人材を集めたければ
もっと労働条件をよくしていかないと
希望に燃えた新人先生が
いずれ燃え尽きて心の病に

民間の忙しさも
労働者にとってもちろん問題ですが
人間を育てる教師がこんなによれよれなことを
民間が忙しいから教師も我慢しろと
労働条件を比べて劣悪さを競う
それでいい子が育つのでしょうか
日本の行く末が心配です



タグ:教師