So-net無料ブログ作成
性教育 ブログトップ

男女のちがい [性教育]

性教育の続きです

パパとお風呂に入らない女の子が
意外といます
尾木ママもおっしゃる通り
10代になったら
もちろんやめた方がいいでしょうが
小さいときは
入っていただきたいのです

(ただし、実父でも
性虐待の事件は現実にあります
父親が幼児性愛者だったら当然ですが絶対だめです

普通の父親ならまず大丈夫ですが
万一を考えて
母親は、父親に任せっぱなしにせず
入浴中も子どもの
様子はしばしばみてあげてください

嫌なことをいいますが
びっくりするぐらい幼児への
性虐待は「ある話」なので
その隙をつくってはいけません
警戒するに
こしたことはありません)

近隣都市の実話です
10人の低学年の女の子が
小学校の帰りに
出して喜ぶ変質者に遭遇しました
小学校が近かったので
小学校に駆け戻りました
みんなわんわん泣いて、
先生は状況がつかめません。
何があったのか
答えられる子がいないのは
よくあること
言葉にできないと通報もできません

ところが
その時は
一人の低学年の子が、
「パパのお風呂のときとおんなじ
ちんちんだしてた」

と言えたのです
そのおかげで通報できて
犯人もつかまりました

(ただ犯人は
危害を加えていないので
すぐ釈放になったようですが)

変質者に遭遇したとき
その子だけすぐ
ショックから立ち直れたのは
いつもパパとお風呂に入っていたからでした
他の子はパパと入っていませんでした

変質者はどこにでもいます
出会ったらすぐにげること。
そう教えても
運悪くみせられてしまった
それが初めての男性器だったら
そのショックは大きいと思います

そういう意味で
昔は父親やおじいさんが
ふんどし一丁でふらふら
ぶらぶら
している家庭が普通でしたから
見ても今より衝撃はすくなかったかもしれません

パパも
恥ずかしくて
一緒に入らない家庭が増えたのかもしれませんが
子供が幼いうちは
ぜひお風呂に入ってあげて
男女の体の違いを
自然に学ばせてあげてほしいと思います


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児
性教育 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。