So-net無料ブログ作成
検索選択
思春期 ブログトップ

自分がグループにいたら邪魔かと思う学生に [思春期]

思春期は、辛いですね
自分は何者かと考え始める時期は
自分はどう人に見られるかという事も気になります
「自分がいない方がグループの子達は楽しいのでは」
という思いは、
思春期独特の
自分を意識しすぎることからくる
「自意識過剰」です。
これは神経質な人だけでなく
多かれ少なかれ
全ての思春期の若者が感じることなので
年を取れば薄れていきますが
辛いようなら学校の保健室の先生に
お話しするのも一つの方法です
私は高校で転校したので
あなたと同じ思いに悩まされました
でも、先生がテスト中に
「悩みがある人はいつでも言いに来なさい
あなたたちの年頃は自意識過剰と言って
人目をすごく気にする年頃です
一人で我慢しなくてもいいんですよ
悩みがある人はテストの裏に書きなさい」
と指示がありました
私は先生に話す勇気がなかったので
「いつか先生のところに相談にいくかもしれません」
と、書きました
すると先生がテストの返却の時
「いつでもいらっしゃい」
と書いてくださいました
結局相談にいきませんでした
翌年は組替えがあり、
みんな初めての立場だったので
相談の必要はなくなりました
先生の言葉で
私の事をわかってくれる人がいる、と知り
安心できたのだと今は思っています

話し上手は聞き上手と言います
再掲ですが以下の話が
参考になると思います

友達の中で、みんなに好かれている子がいました。
私は不思議でした。
その子は会話の中で、ほとんどしゃべりません。
ただ、みんなと一緒に、わらったり、
うなずいているだけだったからです。
私は一生懸命何か話さなければと思い、
こんなに気を使って
どうしてあの子は何にもしないくせに、
みんなに好かれているのだろう、と、
嫉妬しました。

月日が経って、職場に癖の強い人が二人いました。
何か言うと、絶対「それは違う」、
と反論されてしまい、
結局その人たちに雑談で何か言うことはできなくなりました。
仕事の必要事項は話しましたが
最低限。
あとは、黙っていました。
自分がしゃべらないかわりに、
その人たちが何か言った時には、
うなずきながら聞くとか、
一緒に笑うとか、話の内容に集中して、
「あなたたちの話を聞いていますよ」
というサインを出しながら、
自分から話題は一切振りませんでした。
きっと、
私の事を気が利かない後輩、と思われているだろう
と思っていたのですが、
かといって
気が利いたことは怖くて何も言えなかったのです。
ところが、
それまでに職場を転勤で異動しましたが、
その時の先輩たちが、
一番私を高く評価して
かわいがってくれたのです。
私はびっくりしました。
私は何もいってない。
黙々と仕事して、
気の利いた話題もしゃべってないのに。

そこで、学生時代に好かれていた
友人の事を思い出しました。
しゃべってないけど
一緒にその場でうなずいたり、
笑っていたあの人と、
私がやったことは、同じだった!

本当は自分も
ある程度しゃべった方が自然なのでしょうが、
それができないなら、
必要最低限のことだけしゃべって、
あとは会話を弾ませようとか、
気の利いたことを言おうと思わすに、
「聴く」方に専念してはいかがでしょうか。

パフォーマンスという言葉を日本に紹介した
佐藤綾子氏も、おっしゃっていますが、
相手の話を聞くということは、
相手の話に興味をもって、
うなずいたり、あいずちをうったり
結構忙しい行動を伴います。

聞くということは、
自分はしゃべらないからいいや、と、
相手の話も聞かず、
その場にいるだけで、
ボーっとしていることとはちがいます。
自分が話して
場の主役になるのが得意な人もいますが、
それができない自分を認めて、
聞き役に徹すること。
二人がしゃべっているとき、
会話に加われなくても、
一緒にうなずいて
聞いていることは
一人ぼっちとはちがいます。
話し上手は聞き上手と、
昔から言われています。
それは事実だと
私の実体験からもそう思います。
私は今も
相変わらず気の利いたことはいえませんが、
私を信用して、
悩みも話してくれます。


私は聞き役をやってみる、と、
決めて
一度試してみてはいかがでしょうか。
無言になっても怖がることはありません。、
顔を見たらにっこりしてあげてください。
多少笑顔がぎこちなくてもいいです。
たぶん相手が何か話してくれるので、
それを真剣に聞いてあげるのです。(20170209記)

あなた自身が神経質なので
世の中の人もみんなそうかと思っているかもしれませんが
たいていの人は鈍感力があり
ささいなことには気が付かない人が圧倒的に多いのです
だから、あなたが気の利いたことを言わなくても
他の子の話をちゃんと聞いてあげている限り
グループからはずすことはありません
あなたが引きつっていることさえ
あなたと同程度に神経質でなければ気が付きません
たいていの女子は自分のことを話したいものです
私の話を聞いてくれるあなたを、手放したいとは思いません
もし親しくなったなら
ためしに
「私の笑顔おかしくてごめんね。不器用なんだ」
といってごらんなさい
「えーうそ。全然そんなことないよ」
という答えが返ってくることでしょう
「せめてにっこりしようとがんばりました」
それで、十分です。その場にいて、相手の話を聞いて、にっこりしようとした
それだけで、相手は満足しています
「「私と話したくないのか」と思われたもしれない
と思うと不安です。」
もしあなたが、
ずっとあなた自身の事をしゃべりっぱなしで、
相手に一言もしゃべらせなかったなら、
そう思うこともあるでしょうが、
人は自分の話を聞いてくれた人に対して
怒りを感じないものです
「勇気を出して
自分から話したりした方がいいのでしょうか?」
今回、あなたは逃げませんでした。
不安な気持ちがあってもその場にとどまって
相手の話を聞こうとがんばりました。
それでいいのです。
森田療法でいうところの
不安なままで行動する
の考え方です
自分がしゃべることが「話す」ことではない
その場にいて、
会話の相槌がうてれば、
今はそれで十分です
いつか、相手の話を聞いた分、
自分の話も聞いてもらえるようになるでしょうが、
今はしゃべろうとあせらなくても大丈夫です

お弁当も、ひとりがいや、
という気持ちがあるならせっかく今、
一緒に食べてくれる友人がいるのですから、
不安をかかえたままでも一緒に食べましょう
来年、運が悪ければ
自分が一緒に食べたくても、
そういう相手がいないクラスになることもあるでしょう。
その時はあきらめて一人で食べればいいのです。(2017年4月23日記)
タグ:高校生
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

友達がいなくて悪いか [思春期]

ひろさちやさんが
人生相談のなかで
友達がいなくても大丈夫

おっしゃっていました
偉大な方の言葉に
息子を持つお母さんは
大いに安心していいと思います

大人になってひきこもりになるんじゃないかという
心配から
息子に「友達はいないのか」、と
しつこく聞いてしまうお母さんが
多いようですが
男の子は大きくなればなるほど
プライドもあるし
「うん僕友達いないよ」
と、
お母さんに言わないからといって

それは普通です

息子が
何も言わないから
なお不安になって聞き出そうとするので
悪循環に陥っている可能性もあります

先生から問題ないと言われていて
本人にいつもと違う様子がなければ
とりあえず様子見

男女共学なら
クラスメイトの女子のお母さんと仲良くなり
息子の様子を聞いてみるという方法もあります

コモモは
たいていの話は
帰宅後すぐに機関銃のようにしゃべるので
叱られたり褒められたり
よそのお子さんのことでも
目立つ内容は
男女問わず母も知っています
ですから
男子のお母さんにきかれれば
お答えします

叱られたなどその子に都合の悪い内容については
プライドがあるから
お母さんに知られたくないと思っているのに
コモモがしゃべったとなれば
クラスでコモモとその子が
うまくいかなくなる可能性があるから
「コモモから聞いた」と息子さんにいわないこと

内容はコモモの主観だから
間違っている可能性があること

について同意だけとって
コモモの目から見たその男子の
褒められたり叱られた出来事や
交友関係でコモモの知っていること
についてはお話しています
お母さんは話を聞くまで心配していますが


息子に友達がいないわけではなく
誘われても違うことがやりたくて
一緒に遊ばないこともあるが
遊ぶ時もあるし
基本はおどけてみんなを笑わせている
孤立しているわけではない
など学校の様子を知ると
安心されます

さみしいけど子供はだんだん
離れていきます
手を離すまいと無理やり捕まえて
いろいろ聞き出そうとするのは
もちろん母の愛のなせるわざでしょう

いちど
夫にきいてみましょう
息子さんの年の時
お母さんに聞かれたことに素直に答えていた?

わが夫は高校での交友関係について
母から聞かれもせず
自分から言いもせず
だったそうです
もし友達がいなくて
それを母に
聞かれたとしても
正直には答えなかっただろうといいます
それが思春期男子
なんでもしゃべる女子とは違うんです

息子さんのことは神様が守ってくださいます
娘と違って息子とは幼いときより密着していたから
切り替えが難しいと思いますが
離れていく、自立し始めた息子の事は
神様に任せて
自分の人生をとりもどしましょう!








【中古】 般若心経でこう生きる こだわるな!自由であれ!実践的「人生相談」 / ひろ さちや / 日本実業出版社 [新書]【メール便送料無料】【あす楽対応】




般若心経 人生をこう生きてみないか―こだわるな!自由であれ!実践的「人生相談」


タグ:友達いない
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

高校生のいじめの実態を知るのにいい本 [思春期]

大きらいなやつがいる君のためのリベンジマニュアル
(豊島ミホ著 岩波ジュニア新書 2015年5月)
を図書館で借りて読みました
私の時代にはなかった
スクールカーストの実態が
著者の体験でよくわかりました

ピラミッドの下に位置していても
気にならない子は問題になりませんが
敏感に空気を読める子は
教室に入ることが厳しいでしょう
でも、いじめているか
と熱血先生がいて
カーストの上の子に
正面切って問いただしたとしても
何もしていない、と答えるでしょう

実際通りすがりに舌打ちされても
偶然だと言い張ることもできるでしょうし
舌打ちした瞬間を捕まえて
どうしてそういうことするの、不愉快だからやめて
とは
大人でも言えないでしょう

私が子供だった時もいじめはありましたが
大人から見れば陰湿でも
子どもの間では
いじめる子がちゃんと表面に出ていただけ
今よりましかと思ってしまいます

「君の幸せだけが
君に起きた
いろいろなことに対する復讐なんだ」
(「大きらいなやつがいる君のためのリベンジマニュアル」196ページ よしもとばななさんの彼女について」からの引用)
という言葉はいいですね
「大切なのは縁切り」(同上 185ページ)
これは大人の私も
使って有効な方法です

具体例ものっており
読みやすい本です
いま高校で起こっていることを理解するためと
大人の社会でも起こる
嫌な相手への対処法のマニュアルの一つとしても
大人も読んでいい本だと思います


大きらいなやつがいる君のためのリベンジマニュアル (岩波ジュニア新書)


大きらいなやつがいる君のためのリベンジマニュアル [ 豊島ミホ ]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

小さないのちを守る会 [思春期]

http://www.chiisana.org/
小さないのちを守る会という団体があります
そこが作成しているトラクトがhttp://www.chiisana.org/PLJ/production/index.html
子どもの性教育に
とても良い出来だと思います

児童相談所にいた経験から
子どもには
性教育が必要だと痛感しています
児相の職員は必ず
わが子に性教育をします
それは、
望まない妊娠や
性病を移されたり移したり
性虐待の被害者になっても
何をされたか訴えられなかったり

実際10代前半の
そういう事実を目の前にして
いかに子供が無知か知り
性教育がいかに大切か認識するからです

ママ友でも
はずかしくてできない、という方はたくさんいます
できれば低学年のうちに
教えておくなら素直に聴いてくれるし
親もはずかしくありません
でももう思春期になってしまった場合
それでも
手遅れではありません
ぜひ、やってあげてください
ママがはずかしければ
パパがやればいいのです


母の年齢階級が低くなるほど、結婚期間が妊娠期間より短い出生の嫡出第1子に占める割合は高いという統計結果があり
おおむね私の周囲でも
こんな感じです

15から19歳で8割、
20から24歳で6割
25から29歳で2割
30代以降1割
(厚生労働省平成22年度出生に関する統計http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/syussyo06/syussyo2.html
10代は
できちゃった婚が多い
ということがわかります
少子化で
もちろん妊娠出産は
社会にとっていいことですが
これはめでたく結婚した数。
できたけど産まずに
死なせてしまった赤ちゃんの事は
数に入っていません

若い女性が
主体的に避妊していないこと
男性が
性行為で女性を妊娠させないことを
重要視していないこと

どうしてこんな結果になるのか?
性行為とはなにか、を正しく知らずに
行っているからではないのでしょうか
産まない選択をして傷つく前に
妊娠しないようにすること
性病をうつしたり移さないために
予防すること

恥ずかしいからと避けて通ってはいけません
親の義務ですよ
厳しい言い方でごめんなさい
義務をおこたって
傷ついた児童をたくさんみてきましたから
強くお願いします
性教育、すぐにでも
してくださいね



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児
思春期 ブログトップ