So-net無料ブログ作成

第三子の出産を控えて不安な人に [親]

第一子のとき精神科にかかるほど、
辛い思いをされたのに、
よく頑張って3人の子供さんに恵まれましたね
3人いれば一人っ子に比べて大変さは3倍どころではなく
3乗になると予測がつくから
今から想像して不安だという事ですよね?

男の子の母は普通どなります。
だから常識の範囲内でどなっているなら
そのことに問題はないし、罪悪感も必要ないと思います
子供に善悪の区別をつけるために叱るのは親の義務です
この発言はそういう、普通の場合に対するものです
文章からだけではわからないのですが
もし、全く息子さんに落ち度がないのに
四六時中どなっているとしたら
一度専門機関で相談された方がいいと思います

子供はお母さんであるあなただけの子供ではありません
お父さんがいるんですよね?
(もしいないなら、児童相談所に連絡をとり、
不安について話して適切な援助をうけてください)
お父さんにも父親としての責任があります
あなただけが不安がっている、今の状態の責任はお父さんにもありませんか?


苦しみを訴えたいのは
本当はご主人なのではありませんか?
口で言いにくければ、手紙でも、メールでもいいので
今、あなたがどんなに辛い思いをしているか
第三子のことでどんなに不安を感じているか
ぜひ、ご主人に伝えてください

そして、話し合ってください。
どういう方法でお母さんの負担を減らすことができるか。
子供が増える前の今こそ、行動の時です。
その結果、仕事を減らしてもらって早く帰ってきてもらうとか、
せめて家にいる時は息子を公園に連れて行ってもらうとか
逆に子供を連れてあなたが公園に行っている間にご主人に家事をやってもらうとか
休日はあなたが休息を取るためにせめて半日でも
子供たち全部をお父さんが連れて公園にいくとか。

ご主人も仕事で大変でしょうが
繰り返しますがお父さんの子供たちでもあり
今は緊急事態です

分担してもらう方向で考えていけばいかがでしょうか?

男性はいかに育児が大変か口で言っても
またぐちを言ってる、と聞き流す動物です
実際やらせて、どんなに大変かわかってもらわないと
ねぎらってもくれない男性も多いのです
(もしかしたらあなたのご主人は違うのかもしれません
そうだとしたらごめんなさい。文章にご主人がでてこないので
単なる想像です)

夫婦で話し合いの結果
保育園や学童保育などを活用することもありです。
お母さんが家にいたら預けられないのが原則ですが
第一子の時精神科にかかり
今も不安でいらいらして子供をどなる
このままだと不安
という話をすれば、行政もそれなりに対応してくれるはずです
せめて一時保育ぐらいは預かってくれるでしょう
一時間でも離れれば、気分が変わり
また子供をかわいいと思えるようになるかもしれません

真ん中の子は出産後赤ちゃん返りして
ますます扱いにくくなることが予測されます
これは不安とかそういう感情の問題ではなくて事実です
事実に対する対処法をあらかじめ考えておくのは「はからい」ではなく
現実に対応した行動です


不安や恐怖はそのままに行動するのが森田療法の原則ですが
子供と少し離れて冷静になった方がいい時もあります。
怖いまま、かわいがる「ふり」でいいので、
子供をかわいがる行動をすることで
うまくいくときもあります

子供がこわくても、
ちゃんと三食食べさせて清潔にしているなら
立派なお母さんです
自信をもってください(2017-07-07記)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

神経性胃炎とボランテイアの勧め [親]

胃痛がするとのこと、さぞ、不安に思われているでしょう。
特に胃は、気持ちに連動して痛くなることがあるので
いやですね

内科で胃の検査はしましたか?

胃の頓服は
痛みどめの薬でしょうか。
一般的には痛みどめはその場は痛みが止まっても
毎日飲んでいると逆に胃を痛めます
母はがんで痛みどめをのんでいて
胃潰瘍になりました

もしどうしても痛みどめが必要で
毎日服用するなら座薬をおすすめします
医師と相談してください

痛みどめでごまかさずに
まずは胃の検査をすることをお勧めします
もし検査をして異常なしだったら
痛みどめではなく、
不安に対する薬の方が有効ではないかと思います
医師が出してくれた薬なら
森田療法と並行して飲んでもいいのでは?
服薬することで胃が痛くならなければ
不安も大幅に減ることでしょう

薬は杖、と森田療法では考えているので
薬を飲むことに罪悪感はいりません
薬を飲むか飲まないかで悩むより
飲んで胃が痛くない状態を保って
元気にやるべきことをやった方が
本当の意味で健康的でしょう。
服薬しつつ元気に動ければそれが健康な状態です
いつかのまなくてもいい時がくるでしょう
それまでは杖の助けを借りてもいいんですよ

ところで家にいて不安とのこと
学校にボランテイアの募集はありませんか。
また、近所に児童養護施設や乳児院、病院、老人の施設はありませんか
そういうところは、お金がないので、
おしめたたみや車いす押し、あかちゃんのだっこ
など常時ボランテイアを募集しています。
子供が学校に行っている間、
なにもずっと一人で家にいなくても
施設で無理のない範囲で、
短時間でもボランテイアをしてみませんか?
施設に電話をして、ボランテイアをやりたいのですが、
と一言いうだけです
恥ずかしければまずは名のらずに電話して
また電話します、と言って一旦電話を切り、
やってみたいと思ったら改めて連絡する方法でも大丈夫です

他人に役立つ自分を実感することで
自己肯定感も高まるし
さみしさもなくなるうえ、
恵まれない人の役に立って喜ばれます

自分の家の周囲だけでなく
近所の道を掃き掃除する
ごみをひろう、
なども立派なボランテイアですが
逆に近所の目が気になったりして
やりにくいかもしれませんので
その場合は
お子さんと一緒にやるのもいいかもしれませんね

ぜひ、ボランテイア、検討してください


お金を稼ぐのだけが自己実現ではありません。
家族以外の
他人のために時間を使うことで
神経症も明らかに軽減します(2017-06-27記)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

下の子が生まれて困っているお母さんに [親]

出産おめでとうございます。
実家が遠く、
ご主人が仕事で、
昼間下の子供と二人とは
大変ですね。
上の子も赤ちゃん返りしていませんか?
一般的に、上の子一人の時より、
二人目が生まれた今の方が、
上の子一人育てた経験があるとはいえ、
子供一人分以上に大変さが増したことと思います

私の母も夫婦の実家が遠く
引っ越したばかりのうえ、
父が仕事で
出産後帰宅してすぐ、
ストレスで乳が止まったと言っていました。
母の場合は二人女の子でしたが、
男の子の大変さは、
「女の子を三人育てて男の子一人分」
と言われるほどですから、
最初の子の時感じた大変さ以上に
今はもっともっと大変だと思います

近くの保育園で一時保育はやっていませんか。
一時間でも赤ちゃんと離れることで
気持ちがリフレッシュでき、
また赤ちゃんをかわいいと思えるようになります
保育園に預けることに
罪悪感を感じる必要はありません
昔はじいばあや、となりのおばさん、など
コミュニティ全体で赤ちゃんを見守ってきたのです
その全員分を
いくらあなたが優れたお母さんでも
たった一人でやれるはずがないのです

地域の保健師さんは回ってきませんか?
また、児童相談所や役所にも電話の育児相談があります

人間は社会的動物なので
「大人」と話すことが必要です
大人と話すために行動してください

赤ちゃんが泣いたら
不安に感じる気持ちはそのままに
おしめか、おっぱいか、暑いか寒いか、
さみしくてだっこしてほしいだけか(この「甘え泣き」が男の子はびっくりするほど多いから、ママは大変だと言います)、
判断して対処する、という行動をしましょう
行動できたらその時の気持ちはどうでもいいのです
お世話できたという事実で
自分をほめましょう

ところで赤ちゃんが泣くと不安を感じる、というのは
「甘え泣きしても
いつもだっこしなくていい
抱き癖が付くから
泣かせておきなさい」と誰かに言われたのでしょうか?
あなた自身が
体も持たないし泣かせておこう
とか、
家事が忙しいからちょっとまってて、
と自分で納得して泣かせているならいいのですが
自分はだっこしたいのに
誰かに言われたから
あまり抱かないようにしている
というのなら
無理して抱かないようにしなくても
いいと思います
パンダをみてください
同じ哺乳類です
生まれた赤ちゃんを片時も離しません
他人がいろいろ言ってきても
自分が抱っこしたいならすればいいのです

抱っこしっぱなしで消耗して
何も手につかないなら
おんぶ紐でおぶって家事をする方法もあります
保育士さんがよく、ずっとおんぶしっぱなしで
他の子供をみていますよね
それでも子供はいい子に育ちます
ねかせたままで
すぐ甘え泣きで泣いてしまい
不安になるなら
おんぶするというのも
ひとつの方法です


朝、皆 でかけたら、
まずは赤ちゃんと一緒にねてしまいましょう
夜中も授乳していれば、寝不足は当たり前
でも夕方からは上の子もいて
寝られないでしょうから
とにかく睡眠をとって、
赤ちゃんが起きたら世話をして
それから家事
空いた時間に夕食も作ってしまいましょう
今は電子レンジという文明の利器があります

睡眠不足が少し解消されるだけで、
大分気分が沈むのが減るはずです

いろいろ行動してみようとして
どうしても気分が沈んでつらければ
病院に行くのもアリだと思います
産後うつかもしれません
専門家の手を借りましょう

ママが森田神経質ということは
赤ちゃんの求めているものが敏感にわかる
ということでもあります
その良い点を生かして
育児を楽しめるといいですね!
(2017-05-26記)
タグ:泣く
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

子供を叱りすぎたら神経質にならないかと心配する母に [親]

我が家でもそうですが
私も毎回叱っては後悔し
の繰り返しです
ところが、多動な子は、けろっとしています
まさに、低学年のお子さんと一緒です

小さいからけろっとしているのでなく、
そういうさっぱりした性格なんです
叱ったから、とか、
なにかしたから神経質になるわけでなく
神経質な子は生まれつき神経質

そういう意味では、
神経質な親に神経質でない子って、
理解できない面も多いけれど、
結構いい組み合わせだと思いませんか。
うちの夫は直感型
何も深く考えない人なので、
話しても暖簾に腕押し
でもあまりの軽さに
逆にこちらの考えすぎか、と気楽になります

夫は、ご主人と違って
お前が暇だから悩むんだとか、
なんでマイナス志向か、などの
分析的、否定的なことさえ言えない浅さなのです。

考えすぎの私と何も考えず直感的に処理する夫
叱られてもケロッとしている子供
この組み合わせは、
神様の与えてくれた恵みだと思っています

あなたの家もきっと、
だれも自分の性質を変えなくても
うまくいくようになります。

ところで、近所への気配りは
つかずはなれず、
くっつきすぎはよくないと聞きます。
私も距離の取り方が下手なので
試行錯誤の末、
ある時は近所に配る
ということを実行しています
普段から、
旅行の土産、いただいたお菓子、果物、野菜、がある時は
少しずつ近所に
子供にもっていかせます
近所の方がくださるときは
ありがたくいただきますが、
なにもくださらなくても、いいのです
子供がうるさくしたり、
知らないところで
お世話になる可能性もあるので
そのための先行投資です
日頃少しずつたまにでも交流があれば、
急に子供がお世話になったら
丁寧にお礼を言えば、
その時何か差し上げようかと
悩まなくてもいいでしょう
タグ:近所 叱る
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

インフルエンザA型パパ [親]

コモモのインフルを
見事にもらったパパ。
コモモが金曜発熱で、
パパは火曜に37度台
ちなみに家族中予防接種はしています
私はコモモがかかってから、ユーカリオイルを部屋にまき
空気清浄器をかけ
生活の木の「おいしいエキナセア」をのみまくりました
エキナセアのおかげか
今はまだ大丈夫です
うつってません

発熱した昼に病院に行き
パパは薬をその場で吸入
おかげでそれ以上熱もあがりませんでした。
節々は今も痛いようですが
軽く済んでよかったです
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

5百人友達がいる人が幸せか [親]

皆さんの悩みで多いのが
息子に友達がいない
これが圧倒的

友達がいないことが悪いことのように
言われているから心配
というのと、
友達がいないと
いずれひきこもりにならないか
犯罪者にならないか
心配
という両方があるようです

前者に対しては
友達を見るとその人がわかる
とか
走れメロスはすばらしい。これこそ友情の理想だ、
とか
友達がいるのがいいことで
いないのが悪いこと
と善悪にざっくりわけるという風潮
何とかならないでしょうか。

少なくとも私は、
友達がいない、という人が
友達がいる人より劣っているとは思いませんよ

ネット上に500人以上友達がいる人を
知っていますが
友達がいないと言っている知り合いより
500倍幸せにはみえません

後者に対しては

ひろさちやさんが
おっしゃっています
「ひきこもるときはひきこもればいい」
時がくればひきこもらなくなる
かもしれないしそうではないかも

ひきこもって何が悪いのでしょう?
誰に対して恥ずかしいのでしょう?
子どもがひきこもってしまったのが現実なら
今それを悩んだらどうにかなりますか?
専門家に相談するなどの行動は大切でしょう
子どもと真剣に向き合うことで解決することもあるでしょう

でも引きこもってしまった子どもを責め、
自分を責めても
気分が悪くなるばかり。
それならひろさんのおっしゃる通り
今はひきこもる時だ。しかたない。
と、あきらめることから
道が開けることもあるのでしょうか

ご両親に財力があるなら
ひきこもっても当面問題はありません
自分たちの死後どうしよう
という悩みなら
それは障碍を持つ子の親も
病気の子を持つ親も
子が生まれた時から悩んでいます
特に引きこもりの子の親だけの
悩みではありません
私の母も私が膠原病(SLE)と診断された時が
20代でしたが
自分の死後
娘の病気がひどくなったらどうしようと
悩んでいました。
幸い完治しましたから
生きていたら喜んでくれたでしょうが

今まで健康な子を十数年育ててきた
ひきこもった息子のおかげで
普通なら一生知らないかもしれない
障碍を持つ子の親の悩みを悩む時を与えられた
私の人生の中に重みが加わった

無理やり前向きに考えたらこんなところでしょうか

犯罪に加担したらどうしよう
という悩みについては
小さいとき、
子どもに対して最低限の
殺すな、盗むなという「善悪の区別」をつけていたならば
それでも犯罪をしてしまう子は
もう親の責任の範囲を超えた素質をもっていた
と考えるしかありません
育児環境が原因ではなく
その子自身の素質の問題
として


確かにストーカーになる人の中には
友達がいなかったと報道されることがあり
それをあてはめて
友達いないイコール犯罪者になりやすい
と短絡的に考える人もいるようです

単純に友達がいないからひきこもりになる
友達がいないから犯罪者になる
というものではありません

振り返ってみてどうでしょう
あなたが犯罪者に「ならなかった」のは
友達がいたからですか?
あなたがひきこもら「なかった」のは
友達がいたからですか?
一人も友達がいなかったら
楽しいことは人生になく、
あなたは
引きこもったり、犯罪者になっていましたか。

そう、と答えた方にはさらに質問
友達がいたから「だけ」が犯罪を犯さなかった、ひきこもらなかったその理由ですか?
親や兄弟、飼い犬、近所のおばさん、
先生たち、本、通りすがりの人・・
ひきこもったり、犯罪をおかしたり「しなかった」理由に
そういう要素はありませんか?
単純に割り切れる問題ばかりではありません
友達がいないことが
すべての原因ではないはずです

先を考えすぎて悩んでしまう気持ちは
よくわかります
でも今後一生友達ができないと
決まったわけでもありません
少なくても
友達ゼロでも
気にかけてくれるあなたがいます
また
神様はあなたとともにいます
おりしもクリスマスシーズン
それを信じることができると
だいぶ気持ちが楽になると思います

http://www.pauline.or.jp/prayingtime/peace04.php

カルト宗教の勧誘者は
あなたの話を親切に聞いてくれます
親兄弟よりも親身になってくれるかもしれません
逆に既存の宗教(仏教、キリスト教)は
あっさりしていると思うかもしれませんが
何度もしつこく勧誘してくるのは
信者獲得のためであり、
本当にあなたのためとは限りません
http://www.jscpr.org/qanda


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

スミカスミレに学ぶ [親]

少し前、ドラマをやっていました
内容があいまいでごめんなさい

老婆が魔法の力?で
学生にもどるのですが
イマドキの学生たちに
うまくとけこめない主人公に
中身が老婆なら老婆らしくずうずうしく居直れ、みたいなことを
魔法をかけたねこが
いったのが
印象に残りました

ママ友などのあいだでは、
子供の年が上のママのほうが
子育て経験も上だし
私のほうが年上だとしても
一歩ひいている方が
自分も楽だし
波風もたたない、というのがあったのですが
行動が伴うかはともかく
そういう考え方もあるんだ、と
なんだか感心してしまいました

それからは

自分の考え方がほかのママとちがって
図々しい自分というのを
おばさんだからしかたないかと
開き直ることができるようになったと思います

基本は目のあらいくし
は変わりませんが
目の粗いくしになりきれず
だいぶ髪の毛が引っかかっているのも
私の個性と年齢だから
しかたないかな。と。

スミカスミレ 45歳若返った女 DVD-BOX


タグ:ママ友
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

高校生のいじめの実態 [親]


25年目のキス [DVD]

25年目のキス [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


25年目のキスという、映画をはじめてみました
内容はアマゾンのリンクを見ていただけば分かるので省略します
主人公が
最後にいじめられていた子をかばって
いじめた子たちを叱ることができたのは
自分が25歳になり社会経験もあったから
同年代の時はやられっぱなしでした。

お母さんの参考になると思ったのが
主人公が過去を振り返っていじめられていた時を思い起こすシーン
日本のいじめものだと感情移入しすぎてしまう危険がありますが
シカゴの、フイクションの話、と思えば冷静にみられます

卒業ダンスパーティにさそって連れて行かないとか、そういう部分ではなく
学校の中にいるシーンで、主人公が集団をみる目線
集団の圧力の強さにいたたまれなくなるところ

映画をとおし客観的にみると
こんな状況で主人公は、よく学校行けた、と思うのですが
友人がいたから耐えられたのでしょう

こどもに学校にいきなさい、と
言う前に、みていただきたいのです

親は自分の学生時代を思い出し、そんなことはない、
学校サボりたい口実だと思う
でも、もし、子供がこんな目にあっていたら?





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

愛するということ [親]

「愛するということ 新訳版」 ] 
エーリッヒ・フロム 著 (紀伊国屋書店 1991年03月 )を読みました。
愛は人間が孤独を癒そうとする営みであり、
社会でより幸福に生きるための技術だと
フロムは言います。

子育ての参考になったのは、
82.83ページ(「」は引用)
「母性愛が問われるのは、
幼児に対する愛においてでなく、
成長をとげた子どもに対する」時。
「子どもの成長を気づかうこと」そして
「子どもが自分から離れてゆくのを望むということ」。
「母親は子どもの巣立ちを耐え忍ぶだけでなく、それを望み後押ししなければならない」。
そこで母性愛は「たいへんな難行」になる。

「徹底した利他主義、
すなわちすべてを与え、
愛する者の幸福以外何も望まない能力が必要」。
「多くの母親が母性愛という務めに失敗するのもこの段階」。
「取るよりも与えることにより大きな幸せを感じ、
自分の存在にしっかり根をおろしている女性だけが、
子どもが離れてゆく段階になっても愛情深い母親でいられる」。
母性愛は、「実現するのが最もむずかしい愛の形」。

「すすんで別離に堪えるかどうか、
別離の後もかわらず愛し続けることができるかどうか」

コモモのパパのママ、コモモのおばあちゃんは
見事に子離れが出来た人です。
自分自身をちゃんともっていて、子どもにもたれかからない。
テレビに映るよその子の心配までするような愛情深い人です。

コモモも7歳、すこしずつ親から離れていく年頃です。
はてさて、母は この「実現がもっとも難しい愛の形」母性愛の
別離の難しさに
堪えられるのでしょうか・・・

【送料無料】 愛するということ 新訳版 / エーリッヒ・フロム 【単行本】



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

小学生ママの趣味の集まり [親]

昨日は小学校でやってくれる趣味の工作に行きました。

小学校で月1回やってくれるのだけど、1年生の親は1人です。

この土地で子ども時代をすごしていないので、どこに行っても幼馴染とか知り合いはいません。
ずっと仕事をしていたので、地元の友人もいません。
大抵その場で知り合いを作ります。
コモモの舞も、他のお母さんたちと知り合えました。
小学校のボランテイアもそう。
20代の時のように、無理して相手に合わせる根性も気力もないから、自然に話せれば話すけど、こちらから元気を出して声をかけにくい相手にかけることは、何かを聞くとか必要にせまられなければほとんどありません。
それでも、受容的な集団ならたいてい世間話ぐらいはできる関係にはなれます。

工作や手芸は好きだし、安価で学校でやれるから、いいかな。
と思って入ったのだけど、月1回でも体力的にきついときもあります。

世話係も上級生で材料を用意とか、運ぶとか、そうということは、今後自分も世話をしないといけないときが来ると予想できて、結構重いものもって体力要りそうだから、公民館がやる講座のほうが、そういう雑務はないので、楽かも、と、思い始めていました。

それに、ボランテイアで知り合った人は受容的なんだけど、工作は。
中には話しかけてくれる人もいるし、講師も、ここ出身者で親切でいい人なのだけど、自分たちのグループだけで仲良ければいい人もだいぶいて、どのグループに入っていいかもわからないので、いつもは、テーブル1つ使ってやってます。
目的が工作だから、一人でも別にいいやと思っていたけど、他の人は、しゃべりにきているのが主らしい、
ということが、昨日わかりました。今までわからなかったのも、うっかりといえばそうなんだけど。

昨日の作業は私はすぐおわったし、1時間もいないで帰りました。

昨日ちょっとしたことがありました。
グループ「でなきゃ」いや、という、子どもっぱいメンバーがいるとは思っていなかったので、早く着いたので、道具をテーブルに置いて、隣のあいたテーブルの椅子にかばんをおいて作業をはじめました。
そうしたら、Aさんが来て、私が作業しているテーブルに新聞を敷きはじめたから、私も新聞をしきました。
そこに他の数人が来ると、隣のテーブルに新聞をしき始めました。

私のかばんがじゃまかなと思ったけど、じゃまなら言うかなと思ってそのまま作業をしていました。
Aさんが、今敷いた新聞を取って、隣のテーブルに敷きはじめ、「かばんあなたのでしょ」といいました。
私は「ああ、すいません」と、かばんをどかしました。

そして、Aさんは隣のテーブルに、わざわざ わたしのいたテーブルから椅子をひとつ持って、移っていった。

多分、新聞を移したAさんからすれば、私のテーブルにAさんが新聞を敷いた時点で「あんたどいて、このテーブルは私たちがいつもつかってるのよ」、というパフォーマンスだったのでしょう。
私のほうは、一人でも、誰かいても構わなかったので、どく必要を感じなかったのでどかなかった。そこで、隣に移った。悪意はないかもしれません。想像力がないだけで。
でも、これって「仲間はずれ」だと思いません?

講師はそれをみていたのかいないのか、わからないのだけど
「工作面白いでしょ、やめないでね」みたいなことを言ってくれたので、みていたのかもしれません。

それだけの理由でやめるぐらいなら、最初から知り合いのいない会でやろうとはしないけど、
半年以上たって、月に1回とはいえ会う人に拒否されるって言うのも、楽しくはないですね。

席は一緒にとは言わないけど、手洗い場などで話かけてくれる人もいるから全員がじゃなくて、そのテーブルのメンバーがたまたま排他的なんだろうけど。

でも、この工作が、6年生で親も卒業、でなく、中学生になっても来る人もいることを考えます。
6年で卒業なら。
その子どもっぽい人たちもいつかいなくなり、いずれは私が1番古くなり、
私の性格からいって、自分が優位なら排他的でなく、新人を仲間に入れてあげるぐらいのことはやるだろうからいつかは皆仲良し、になるかもしれない。

でも、このまま多少新人が入ってもメンバー変わらず、自分にいずれ世話係が回ってきて、
その時、自分の性格から言って、世話になったなら自分も世話しなきゃ、と、係になるのを断れない。
でも、そんな人たちの世話もするほどのボランテイア精神が自分にあるのかな。
と考えると自信がない。
それも、ずっとい続ければ笑い話になるかもしれないけど。仲良くなろうとがんばる根性があるかな。

月に1回ぐらいだから、どんなメンバーでも、どうでもいいような話だけど、
学校ボランテイアならともかく、学校でやるといっても自分の趣味で、コモモに影響しないものだから、なおのこと、無理に仲良くする必要もないだろうし、ストレスになるなら無理に通う意味もない気がしてきました。

仕事の世界では、今までそこまで子どもっぽい人は、もしかしたらいたかもしれないけど、出会ったことがありません。相手が目上でも、目下でも、たまたま同席しても、世間話ぐらいは出来るし、混ぜてあげるし、混ぜてくれる人ばかりでした。
知らない人(といっても顔ぐらいはわかると思うけど)が、同席することにこういう反応をするとは思っていなかったので。
ずっと家にいて、社会でもまれていない期間が長いと、そうなっちゃう人もいるのかなあ。

それならそれで、工作は、仲良しがいないと集団に入りにくいよ、と誰か言ってくれたら入らなかったのだけどね。
最初は子が卒業しても来る人がいるぐらいに楽しいところ、というふれこみだったので。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児