So-net無料ブログ作成

子供を叱りすぎたら神経質にならないかと心配する母に [親]

我が家でもそうですが
私も毎回叱っては後悔し
の繰り返しです
ところが、多動な子は、けろっとしています
まさに、低学年のお子さんと一緒です

小さいからけろっとしているのでなく、
そういうさっぱりした性格なんです
叱ったから、とか、
なにかしたから神経質になるわけでなく
神経質な子は生まれつき神経質

そういう意味では、
神経質な親に神経質でない子って、
理解できない面も多いけれど、
結構いい組み合わせだと思いませんか。
うちの夫は直感型
何も深く考えない人なので、
話しても暖簾に腕押し
でもあまりの軽さに
逆にこちらの考えすぎか、と気楽になります

夫は、ご主人と違って
お前が暇だから悩むんだとか、
なんでマイナス志向か、などの
分析的、否定的なことさえ言えない浅さなのです。

考えすぎの私と何も考えず直感的に処理する夫
叱られてもケロッとしている子供
この組み合わせは、
神様の与えてくれた恵みだと思っています

あなたの家もきっと、
だれも自分の性質を変えなくても
うまくいくようになります。

ところで、近所への気配りは
つかずはなれず、
くっつきすぎはよくないと聞きます。
私も距離の取り方が下手なので
試行錯誤の末、
ある時は近所に配る
ということを実行しています
普段から、
旅行の土産、いただいたお菓子、果物、野菜、がある時は
少しずつ近所に
子供にもっていかせます
近所の方がくださるときは
ありがたくいただきますが、
なにもくださらなくても、いいのです
子供がうるさくしたり、
知らないところで
お世話になる可能性もあるので
そのための先行投資です
日頃少しずつたまにでも交流があれば、
急に子供がお世話になったら
丁寧にお礼を言えば、
その時何か差し上げようかと
悩まなくてもいいでしょう
タグ:近所 叱る
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

神経質は悪くない [心理]

鈍感力のある人の意見も
もちろん貴重ですが、
兼好法師も「徒然草」で
友達になるなら病気をしたことがある人がいい
とおっしゃっているとおり
(神経質は病気ではありませんが)
相手のつらさをわかってくれる人と
交流することは安らげますよね

私は、アドバイスできるような
立派な人間ではありませんし
自分の人生では
まだまだうまくいかないことも多いのですが
過去の経験が人の役に立ったと知ることは、
うれしいものです

ですから、
アドバイスさせていただけた
私のためにこそ、なっていることなので。
こちらこそ、ありがとうございます!(2017-02-22)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

宴会に出たくなくて悩む人に [生活]

仕事の延長で、ありますよね
私も全然苦手でした
でも、新規採用の時の職場の上司に
「これも仕事のうちだ。
会費を払って仕事をするのは嫌かもしれないが
仕事だと思ってあきらめなさい」
と言われ、毎回仕事のうち、と思って出席しました。
仕事ではありますが、
私の勤めていたところは
女性にお酌を強要したりしない職場でしたので、
お酒を断っても叱られず、
わざわざ上司のところのお酌をしにいくこともなく、
自分の席で、ごちそうを食べて、
周囲の人と少しお話をし、
回ってくる酔ったおじさんたちにお酌しつつ、
愛想笑いをうかべ、
帰宅するとどっと疲れてねる、というのがパターンでした。

幹事も順番で回ってくれば引き受けました。
誰に何をしてもらうかを先輩に教えてもらいつつですが、
幹事の方が、
足りない酒の注文や会計など雑事が多く、
気を使ってしゃべらなくて済むうえ、
感謝してもらえるので
楽でした。
ただ、幹事は酒を注いで回るので、
よったおじさんに返杯といわれると断れず、
コップで受けてこっそり皿に捨てる、
ということはありましたので、
それが一番ひやひやしましたが。
今は飲酒で車の運転は法律違反ですので
いっそ、車ですから、と、
お酒はお断りできて楽ですね

飲まなくても、酔った上機嫌なおじさんが話すことを
笑顔で聞いていればいいわけで、
無理に酔ったふりをする必要はありません
宴会といえども、話は話、おっしゃるとおり
ちゃんと相手の話を集中してきけば
相槌もおのずから自然にできるでしょうし
親しみもわくと思います

相手が聞いてくれそうなら、
子供の話もしていいと思います
ただし、先に相手の話をよく聞いて、
相手が、あなたは?と、言って
こちらの話を聞く態勢がとれてからにしましょう。

相手が話し切っていないのにこちらが話し始めると、
相手は物足りなさを感じ、
こちらの話に集中してもらえず、
せっかく勇気をだして子供の話をしかかっても、
相手が聞いていないように思えて
傷ついてしまう、
ということが起こりえます。

基本は宴会でも相手の話を聞くこと。
しっかり聞いて相手に聞かれたら、
子供のおもしろかったエピソードなどを話す。
聞かれなかったら聞かれないでいい。
職場の宴会が、
私の知っている職場の宴会と全く違っていたらごめんなさい。

もし、今までの宴会でも
今日は話しかけてくれた人の話をとことん聞いてやろう、
という気持ちで出席して、
ちゃんと相手の話を最後まで聞いていたのに
それでも孤立してしまっていたなら、
私のアドバイスは全く役に立たないです。
というか、そんな宴会なら、私は出席しません。
欠席して正解ですよ!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

薬をいやがるひとに [健康]

文章もしっかりしていらっしゃるし、
まじめで、きちんとした方なのでしょうね。
私は医師ではないので、薬の内容はわかりませんし、
その薬があなたにあっているかどうかさえ、わからないのですが
薬、というものを飲む側として40年間の経験をもって、断言できますが、
「きかないと思って飲む薬は効かない。むしろ害になる」
現在、耐性がついて聞かなくなった薬を医師に処方されているとしたら
大問題です。すぐ医師に話して、薬を変えてもらった方がいいです。
いつか耐性がついて効き目がなくなるかも。そうしたら、どうしよう、と、思われているだけなら、
耐性がつくころには、新薬がでているかもしれませんから、効かなくなってから悩んでも遅くないと思います。
いつか、効かなくなるかも、と思って飲むのは、もったいないです
どうせ飲むなら、これは夢のように良く効く薬。
と、自分に言い聞かせて飲みましょう
薬と森田療法、両方を利用して、
苦しい生活から抜け出すためにも、まずは、飲んでいる薬を信用してみませんか。

たとえば、毎朝5錠のステロイドを一気にやめたら、
副作用で具合が悪くなります。
ですから、最低でも数週間は5錠のみ、
次は4錠、次は3錠、と、減らします。
たった1錠の小さい錠剤でも、
飲み忘れれば1時間もしないうちに、
それに気が付くぐらい、心身に影響がある薬です。
ステロイド薬には、
飲むと副作用が強く、かえってよくないという説もあるのですが、
とにかく飲み始めたら、副作用より、効果を信じて、
医師の指導の下、
ゼロになるまで減量しないと命にかかわります。
そこまで厳しい薬はそんなにありませんけれど、
どの薬でも、
治療のために必要という意味では同じでしょう。

あなたも薬を医師の指導で飲みながらでも、
日常の生活ができれば、
薬を勝手にやめて、
具合が悪くて寝込んでしまうよりも
森田療法が目指す生活態度(やりたくないと思ったとしても、感情を気にせず、やるべき行動をする)に近い
生活ができるのではありませんか。
薬を飲むことに罪悪感を感じる必要は全くありません。
いろいろな薬を飲みながら普通の日常生活を送っている人はたくさんいます
私の夫など、朝晩注射して、
5種類薬を飲んでいながら
自分は病気ではないと思っていますよ!(20170216記)
タグ: 神経質
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

お母さんが亡くなった人に [死]

お母さんを亡くされて、
今が一番辛い時期かとお察しします。

私も母を10年前に亡くしましたが
がんと分かってから亡くなるまでに半年ありましたし
セカンドオピニオンや、
やると良いと言われあらゆる手を尽くしたにもかかわらず、
亡くなった後は後悔の嵐でしたから
病名は違ってもあなたも、
現実感覚がなくても当たり前だと思います。
悲しいときに心から悲しむ
それが全てだと思います。

母ががんと分かった時から、現実感覚がなく
ロボットのように
決めるべきことや
やるべきことを淡々とこなしました。

母が亡くなったとき、
目の前が真っ暗になり、
底なし沼に沈んでいくような感覚を味わいました。

数か月たっても、悲しみは消えませんでした。
その時会った友人は、
数年前にお父さんを亡くされていましたので
「いつになったらこの悲しみが消えますか。
私はまだ、悲しくて仕方ありません。」
と聞きました。
友人は「私は5年たっても、思い出すと泣けてきます。
ましてや、あなたのお母さんは亡くなったばかり。
悲しくて当たり前です。」
と言ったのです。

それまで、早く元気になってね、とか、
子供がいるから気が紛れていいね、とか、
励ましの言葉をたくさんいただいていたので、
悲しいときは悲しんだ方がいい、と、知識でわかってはいても、
はやく元気にならなければ、と、思っていました。
でも、彼女の話で、そうか、5年たっても悲しんでいいんだ。
と、納得して、自分が悲しんでいることへの罪悪感がなくなりました。
10年たった今でも、どうして亡くなったんだろう、
と思い悲しくなることはあります。

神経質でなくても、
世界中の人が、
お母さんが亡くなったら、悲しいのです。
だから、あなたの今の状態は神経症でもなんでもない、
むしろ健康的な反応です。
どうにかしようとせず、思い切り悲しんでください。
森田先生のおっしゃるとおり、日にちだけが薬です。
貴方は何もおかしくありません。
普通です。泣いていいのですよ(20170216記)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

結婚に絶望している人に [心理]

結婚したいけど50代だしどうせ無理、
とお嘆きですね。

今は昔の2割から3割減の年だといわれます。
52歳なら昔の40歳ぐらい。
わたしの実感としても、そう思います。

結婚についてですが、
結婚は子供を作るためだけのものではありません。
50でも80でも、結婚してはいけないという法律もありません。
自分が結婚したいときにしていいのです。
その動機がさみしい、だっていいじゃないですか。
お互い尊敬しあって仲良く過ごすことはいいことでしょう
もちろん結婚しないのも個人の自由です。
でも、あなたは結婚したいと思っていらっしゃる。

お仕事をされているのなら、
結婚相談所に登録されてはいかがですか。
プライドが高く、
結婚は恋愛で、
という方もいますが、
現実に
道を歩いていて
声をかけたりかけられたりできる人でない限り、
白馬の王子様がどこからともなくあらわれたり、
お姫様がその辺でキスを待っている
というのはありません。
テレビのアイドルが、
急にあらわれて
「あなた好き」、ということもありません
厳しい現実ですが、そこで思考が止まってしまっている
50代独身の方が多いのです。

まず、その事実を確認しましょう。

ではどうやって知り合うか。
あなたが社交的で、周囲の人みんなに好かれているなら
職場などで
誰か紹介して、と頼むのもありでしょう。

でも気楽に周囲に
結婚したいから紹介してと
頼めるタイプの方は
そもそも悩みませんね
ということで、
ナンパや偶然の出会い、知り合いの紹介は
あったらラッキーぐらいの感覚であきらめましょう。
残るのは結婚相談所です。
(私は決して相談所に利害関係はありませんので念のため。)
50代半ばの友人が、
相談したら、どんどん紹介してもらえて
うれしい悲鳴をあげていました。
いかに、結婚したい男女が多いかがわかります。
相談所は商売です。
ということは顧客に喜んでもらうサービスを提供します。
結婚したいなら、一時の恥ずかしさを我慢しても、
行く価値はあると思います。
相談所に行くのをためらう人の言い訳は、
人に知られたら恥ずかしい、というものです。
言いふらさなければ、だれが知るのでしょう。
職場の人や、親に言う義務はありません。
皆に黙って行って、相談所で結婚のプロと相談する。
それだけのことです。
たとえうまくいかなくても、やるだけのことはやった、という
満足感や、
相談員や候補者との社交の練習にはなるでしょうし。
お金もかかりますが、イマドキは法外な利用料を
取るところばかりではありません。
公共の相談所もあります。
結婚相談所の利用料を調べてみましょう。

さて老後一人ぼっちと考えるとつらい
という気持ちはよくわかります。
私も母子家庭で、職場の先輩に言われました。
このまま独身は気楽でよいが
もしお母さんが亡くなったら一人ぼっちになる。
だから結婚した方がいい。
アドバイスに従って、結婚したのですが、
今でもアドバイスしてくださった方に感謝しています。
苦労する母を見て育ったので
こんな家庭を作るぐらいならずっと一人の方がましだ
と思っていたのです。
でもたまたま紹介してくださる方があり
そのころ先輩にそういうアドバイスをされたのでした。

私のように、自分で相手を見つけられなくてもたまたま
出会いがあることもゼロではありませんが、
行動しようとすれば、
違う局面がうまれるかもしれません

近い将来
明るい家庭を築かれることをお祈りしています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

わが子が発達障碍、自分も敏感でママ友ができないと悩むお母さんに [育児環境]

楽しく学校に通っているならよかったですね。
我が家は、4年生まで毎年面談ごとに、私が謝っていました。
5年生になってはじめて、謝らなくてすみ、
夢のようだ、と思いました。
いつも、お子さんはもぞもぞ、ごそごそしています
とか、給食準備中に床をはいまわっていました、とか
担任に言われていたので。
子供に聞くと、行動には子供なりの言い分があったのですが(床を這いまわったのは友達が画びょうを落としたから、とか)それを先生に言えない子だったのです。
人が集まって興奮すると、全くいうことを聞かなくなり、
禁止されても走り回っていました。
その場で何を言っても無駄なので、パパにずっと捕まえておいてもらうとか、
腕を持ったまま、私が回転する(子供は私を中心にぐるぐる走る)とか。
少し大きくなると、興奮しそうな場に行く前に言い聞かせ、
興奮しそうなら、自分で落ち着いて、落ち着いて、と唱えるようにさせましたが
親はいつも、あやまってばかり。
思えば自分はいい子だったので、
誰にも謝らずに人生を送ってきたから
子供のことで謝れば、
トータルすると普通の人と同じぐらい謝ったことになるのか、
と、妙な理屈で自分を納得させて、この際謝りのプロになろうと
年々工夫を重ね、今では謝るベテランです。
もし、お母さんが口下手で、
その場で口で謝りにくければ、手紙を書いて渡せばいいと思います
相手のお子さんに暴力をふるってしまったことには、
親が誠意ある謝罪をする必要があります。
口でうまくいえないから手紙にします、
と、かけば、そのことを悪く思うママはいません。
うちの子発達障害だから
ちょっとぐらい暴力を振るってもしかたない、
これぐらい我慢してよ、と、考えて、
相手の親が抗議してこないからとスルーしてしまえば、
他のママたちと気まずくなってしまいます

今、子供さんが暴力もなくなって
落ち着いたなら、
いずれは普通学級になるかもしれませんが、
小学校低学年での
通級が進学や就職のハンデになることはないはずですので、
あれこれ悩むより、
担任の先生に質問のお手紙を書いてみてはどうでしょうか。
先生のような、子供の利害が絡む方に話をするときは、
口で言うと、あとで後悔しそうなときは、
要点をメモにして見ながら言うか、
手紙を渡します。

ママ友はいないかもしれませんが、
夫がいるだけ幸せですよ。
夫をママ友と思いましょう。
障碍のある子は、
神様が、その両親なら育てられる、と、見込まれて
両親のもとに送られてくるそうです。

お母さんの敏感さが、
子供の気持ちをくみとったり、
子供の行動を予測したり、
育児環境を整えたりなど、
子育てにはきっと大いに役にたちます。(20170213記)
タグ:発達障碍
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

話し下手だと悩む人に [心理]

学生だったのはその昔、なのですが、
何を話していいかわからない、
沈黙が怖い、と思っていたときがありました。

友達の中で、みんなに好かれている子がいました。
私は不思議でした。
その子は会話の中で、ほとんどしゃべりません。
ただ、みんなと一緒に、わらったり、
うなずいているだけだったからです。
私は一生懸命何か話さなければと思い、
こんなに気を使って
どうしてあの子は何にもしないくせに、
みんなにすかれているのだろう、と、
嫉妬しました。

月日が経って、職場に癖の強い人が二人いました。
何か言うと、絶対「それは違う」、
と反論されてしまい、
結局その人たちに雑談で何か言うことはできなくなりました。
仕事の必要事項は話しましたが
最低限。
あとは、黙っていました。
自分がしゃべらないかわりに、
その人たちが何か言った時には、
うなずきながら聞くとか、
一緒に笑うとか、話の内容に集中して、
「あなたたちの話を聞いていますよ」
というサインを出しながら、
自分から話題は一切振りませんでした。
きっと、
私の事を気が利かない後輩、と思われているだろう
と思っていたのですが、
かといって
気が利いたことは怖くて何も言えなかったのです。
ところが、
それまでに職場を転勤で異動しましたが、
その時の先輩たちが、
一番私を高く評価して
かわいがってくれたのです。
私はびっくりしました。
私は何もいってない。
黙々と仕事して、
気の利いた話題もしゃべってないのに。

そこで、学生時代に好かれていた
友人の事を思い出しました。
しゃべってないけど
一緒にその場でうなずいたり、
笑っていたあの人と、
私がやったことは、同じだった!

本当は自分も
ある程度しゃべった方が自然なのでしょうが、
それができないなら、
必要最低限のことだけしゃべって、
あとは会話を弾ませようとか、
気の利いたことを言おうと思わすに、
「聴く」方に専念してはいかがでしょうか。

パフォーマンスという言葉を日本に紹介した
佐藤綾子氏も、おっしゃっていますが、
相手の話を聞くということは、
相手の話に興味をもって、
うなずいたり、あいずちをうったり
結構忙しい行動を伴います。

聞くということは、
自分はしゃべらないからいいや、と、
相手の話も聞かず、
その場にいるだけで、
ボーっとしていることとはちがいます。
自分が話して
場の主役になるのが得意な人もいますが、
それができない自分を認めて、
聞き役に徹すること。
二人がしゃべっているとき、
会話に加われなくても、
一緒にうなずいて
聞いていることは
一人ぼっちとはちがいます。
話し上手は聞き上手と、
昔から言われています。
それは事実だと
私の実体験からもそう思います。
私は今も
相変わらず気の利いたことはいえませんが、
私を信用して、
悩みも話してくれます。


私は聞き役をやってみる、と、
決めてママ友の集いに行き、
一度試してみてはいかがでしょうか。
二人でいて
無言になっても怖がることはありません。、
顔を見たらにっこりしてあげてください。
多少笑顔がぎこちなくてもいいです。
たぶん相手が何か話してくれるので、
それを真剣に聞いてあげるのです。(20170209記)
「沈黙は金」という格言があるとおり、
無口だからとその人を嫌う人はいません。
ただ、一緒にいて、
相手が一生懸命話しているのに、
うなずいたり、一緒に笑ったりしないで、
知らん顔していると、
見下されているように感じて、
避けられるということはあると思います。

私の経験からは、
気を使いすぎて、
しゃべりすぎて嫌われることはあっても、
黙っていて嫌われたことはありません。
安心して聞き手にトライしてください!
タグ:ママ友
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

育児に実感が伴わない人に [心理]

毎日やるべきことをちゃんとやっているなんて、
立派です。
どういう思いでやっているかは、
森田療法では問わないので、
実践してやっている、
という事実がすばらしいです。
実感、というのも、
感情の感の字が入っているので、
行動さえできていれば、
実感はなくても、オッケーだと思いますよ。
ただ、私たちは小さいころから、
結果より過程が大事、
頑張ったことが評価の対象なんだ、
と社会に刷り込まれているので、
頑張ってやったのではなく、
とにかく行動した結果やれたんだ、
というと、まるで、
ちゃんとやれていないような
気持になってしまうのですよね。
その気持ちはよくわかります。
私も
森田療法を知る前はそうでしたから。
きちんと家事はこなしていた。
でも母の死など、違うことに気をとられ
心がお留守だったからできた実感がない、
だから私はなんとなくおかしい?
という思考ですごしてきました。
でも今は、感情は関係なく、
やるべきことを実行できれば、
それでいい、と、思うようにしています。
「心持」はどうでもいいから、
とにかくやるべきことをやる、
それだけをシンプルに、一緒にめざしませんか。

子供をかわいがって、抱きしめることに
実感がともなわない、愛情を感じないとしても
罪悪感はいりません。
実感があってもなくても、
子供にとってはママに抱きしめられることが
しあわせなのですから。
その時の感情を気にしすぎず、
行動で評価しましょう(20170205記)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

歯科治療の時の自己暗示 [心理]

以前、歯の治療が終わっても痛みが取れず
上尾の病院で全部やり直してもらいました。
その時は入院ではなく、毎日通ったのですが
全部終わるのに数年かかりました。

「痛くない、すぐ血が止まる」と、
手術前に唱えると
本当にそうなりますのでお試しください(20170203記)
タグ:自己暗示
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

異常がないのに呼吸で苦しむ人に [心理]

私は15年ぐらい前に、
グレートバリアリーフで、初めて海にもぐりました。
予備知識が全くなく、女友達と一緒にもぐったのですが
海の底まで行くと、寒いうえに、息が苦しいのです。
酸素マスクも初めての経験でした。
息はできているのに苦しいというのは生まれて初めてでした
息しないと死んでしまう、
でも、息が苦しい、
苦しいと言って酸素マスクを外してしまったら
外は海だから、水を飲んで死んでしまう
でもマスクを外して苦しみを取り去りたい、
という強い衝動が起こりました。
一緒のパニックだったと思います。
そのパニックから、平静に戻ったのは、
自分で自分に「すって、はいて、すって、はいて」と
命令し続けたからです。
ヨガを昔ならっており、
ヨガには呼吸法というのがあって、
先生が、深くすって、はいて、と指示してくれて、
そのまま呼吸を意識していると、心が平静になる、
という経験がありました。
海からあがってからも、恐怖感は残りました。
それから数年は、就寝時に
苦しくなって呼吸を意識したことがあります。
救急車を呼んだ方がいいか、と思ったぐらい
ひどかったこともありますが
幸い、健康診断で肺機能に異常がなかったことと、
夜 周囲に助けを求める人がいなかったこと、
昼間は気にならなかったから誰にも話さなかったことから、
神経症とさえ、気が付かず、やり過ごしてきました。

今回あなたにいわれて、
ああ、あれも神経症だったんだろうな、と、知りました。

呼吸が苦しい感じがすると、自分にすって、はいて、と命令して
呼吸の音を聞いているうちに、眠ってしまい、
とらわれずに軽症で済んだのだと思います。
現在はおととしから肺に腫瘍があり、肺がんの疑いもあることで、
時々就寝時に呼吸が苦しい感じがしますが、
やはり、すって、はいて、と意識することで、平静にもどっています。
また、余談ですが出産時も、痛みを呼吸を意識することで切り抜けることは、
昔からあります。
対処してはいけない、と思うと
逆にとらわれてしまいますので、
とらわれてしまうぐらいなら、
息が苦しいとか、恐怖が起こったら、
そのときやっている作業を中断せず、
すって、はいて、と、自分に言い聞かせ
意識的に呼吸しながら作業をしてみてはいかがでしょうか。
機会があったら
ヨガの呼吸法をお試しになるのもいいと思いますし、
ヨガというスポーツでも、
出産でも、意識的に呼吸しているのだから、
意識的な呼吸は悪いことではない、と、
開き直るのも一つの方法かもしれません。(20170202記)
タグ:呼吸
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

原因不明のめまいで苦しむ人に [相談]

私の母も昔、
ひどいめまいでいろいろな検査をしてもらいましたが、
結局原因不明で更年期じゃないの、と言われ、
治療をあきらめました。
何度か大きな発作を起こしましたが、
更年期という診断に納得して、
10年もしないうちに、症状がなくなりました。
症状がなくなったというより、
意識しなくなって子供に症状を訴えなくなった
という方が近いでしょうか。

私自身は高校の時から
世界がよくぐるぐる回りますが、
基礎疾患があったので、
その病気のせいだろうと思い、
それが普通だと思ってきました。
一生なおらないと20歳の時には告知されていましたので、
ぐるぐる回るのも治らないだろうと思ってきましたし、
倒れて頭を打たなければ
自分の中でぐるぐる回っていても、
ほかの人からみれば、
普通の人だろうし、
意識して座れる場所ではすわる、
という心掛けだけで、
20年以上過ごしてきました。
しらずしらずに、
森田療法の「やりすごす」
ということを実践してきたようです。

そういうわけで、
世界が回ることが一生続いても
倒れて頭を打つ状況に
自分を置かないように注意さえすれば
あまり生活に支障はない、と、
20年以上めまいと付き合ってきた私が太鼓判をおします。
あなたも医者に病気でないと言われたなら
堂々と(?)めまいを感じてもいいのです。
それで誰かに迷惑をかけることはありません。
学校の下駄箱で、ぐるぐる回る光が結構私は好きでした。(20170202記)
タグ:めまい
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

原因不明の耳鳴りで苦しむ人に [相談]

妹は小学生の時から、
私は10年ぐらい前から
耳鳴りはいつもしています。
どちらも音楽をやっています。
どうやら、音楽が好きイコール耳がよい、
だから、ふつうに聞こえない高い音が聞こえてしまう、
ということらしいです。
妹は国立有名大学が
深夜にこっそりやっていた
耳に聞こえないはずの音の実験の音を感知してしまい、
うるさくて大学に問い合わせて、
ただ一人、
その音について聞いてきた人物だったぐらい、
耳がいいです。

妹に、
私が耳鳴りを気にしだしてから聞いたのですが
妹が母に小学生の時、
耳鳴りについて話したら、
気にすることはない、
世界中の人がそうだ、と、
言われて、
妹は納得したそうです。
私はさすがに
世界中の人が
耳鳴りを持っているとは思いませんでしたが
なんだか妙に納得して、
耳鼻科検診でも異常なかったので、
あとは放置しています。

今、意識すれば、ワンワンキーン、
と耳鳴りはしています。
ボールの音など音関係では
最近まで恐怖感があったのですが、
耳鳴りについては、流す癖がついてしまったのか、
最初気になった後は全く気になっていません。
異常だと感じるとやはり気になってしまうのでしょうね。
あなたが検診で異常なしだったのなら、
聴覚がすぐれているから耳鳴りがするんだ、
私は音楽的才能があるんだ、
という考え方をしてみてはいかがでしょうか。
少しでも良い方向にいくといいですね(2017206記)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

死の恐怖におびえる人に [相談]

死の恐怖にとらわれた生活は
きっとしんどいでしょうね。
私は20歳の時に
余命5年でたいてい死ぬという病気にかかり
親が告知できず、
親の友人の皮膚科医に告知されました。
あなたの体験談を読み
「日常の平凡な生活の中にこそ、
幸せがあることに気付きました。
普通に生活できることは、
なんて幸せなことなのでしょう。」
の部分、これが死の恐怖を克服するキーワードだと思います。
私も神経質です
でも、
死の恐怖にとらわれなかったのは、
「ふつうにくらす」ことの
ありがたさを身をもって知っていたから
ともいえるのです。
検査に失敗し、
半年入院して、
その最初の数日は絶対安静で、
母に介護をしてもらいました。
二十歳の娘が
寝たまま寝返りもうてない無力感は、
どうして自分は存在しているのかと
考える契機になりました
普通に仕事ができる生活のありがたみがよくわかりました
どんな些細な仕事でも
ここで寝ているよりましだ、と
思うことができたのです
どうか、せっかくの健康な身体を
心のとらわれで生かさないことのないように

どうせ人間全員いつか死にます
今健康なら、そのいつかが
いつきてもいいように精いっぱい生きませんか

(20170211記 加筆)
タグ:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

発達障碍の子を公共の場に連れて行きたい父に困惑するお母さんに [育児環境]

いろいろな悩みが重なって、おつらいですね

コモモは、保育園前
子育て広場のような、
親子でいくところは、全くだめでした。
子供がうれしくて走り回り、
ほかの子にぶつかったり、おもちゃを急に触ろうとしたりして、
私は子供の後ろを走ってくっついてまわり、
謝って回りました。
ママ友を作るどころではなく、
これは無理、と、あきらめました。
保育士さんがいる支援センターなら、
保育士さんがみている間、少しだけ、
ほかの保育士さんと話せました。
でも、よそのママたちのように、
ママ同士が並んで座ってお話して、
子供もその場でじっと一つの遊びをするという
状況からは程遠く、
あっちこっち走り回って
次々遊びを変えていく子供に
ついてまわるという状況でした。
結局予防接種の時に
座って待っていたとき話した人ぐらいしか、
まともに話はできませんでした。


まず自分を責めるのはやめましょう。
私も子供を持って知ったのですが、
親の力で、
もって生まれたその子の性格は全く制御できませんでした。
まして発達障碍ともなれば、
しつけの範囲を超えています。
公共の場にお子さんを連れて行って、
黙れと厳しくしかればだまりますか?
私にはそうは思えません。
怖い顔をして叱れば
どんな子でも黙ると思ったら
大間違いです

実際コモモは
どんなに叱っても
ふっと手をゆるめた一瞬の隙に
走って逃げましたから。

児童相談所で
心理判定はしてもらいましたか。
一度も調べてもらっていないなら、
無料ですので、
是非児童相談所に相談に行ってください。
そこで、子供の特徴を学び、
ストレスのかからない接し方を知り、
子育ての悩みに対する
プロのアドバイスを聞いてください。
また、発達障碍の子供と親が
集まれる場所も教えてくれるはずです。
子供のために専門機関に頼ることは
何も恥ずかしいことではありません。
児童が健全に育つために、
相談所は親の困りごとの相談にものってくれるのです。

市町の保健センターなどに、
発達障碍の子供を
連れて行ける場所はありませんか。
同じ発達障碍の子供を持つ親同士なら、
いちいち子供の特徴を説明しなくても
あなたが
どんなに苦労しているかをわかってくれますから、
気安く行ける場所になると思います。

もし、夫が行きたがっている
職場の集会に行くとしたら、
社長など会社関係者に
発達障碍のことを
夫からあらかじめ話してもらうことを
お勧めします。
それでも、親のしつけの問題にされることも
よくありますが、言わないよりはましでしょう。
そして、何もかも自分でやろうとせずに、
私がお酒や食事を運ぶなら
あなた子供をみていてよ、
と、夫にも責任をもたせましょう。
普通に言うことを聞く子供でさえ、
一緒に連れて行けば気を使う
利害関係のある大人が多い場所に
言うことをきかないで
騒いで迷惑をかけるだろうと
わかっているわが子を、
連れて行くことには
ためらって当たり前です。
まずは、
夫とコミュニケーションをとってください。
子供は夫婦の子です。
夫にも発達障碍の子供について
悩む義務があります。(2017-02-11記)
タグ:発達障碍
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

会社であいさつしても無視されて悩んでいる人に [生活]

私も人との距離をとるのがとっても苦手ですが
自信をもって言えるのは、
「あいさつは社会人の常識」
ということです
もちろんはずかしくて、とか、
忙しくて気が付かなかった、とか
個別にいろいろ事情はあるでしょうから
すべての挨拶ができない人を批判するつもりはありませんが
職場であなたを罵倒できる人が、
挨拶が恥ずかしくてできないとは考えにくいので
意図的に無視しているのでしょう。
それは、ふつうの社会人がすることではないです。
あいさつは、好きだからとか、
嫌いだからするものではありません
そんなこと、小学生でも知っています
つまり、あなたのことを好きだろうが嫌いだろうが、
朝会ったら おはようというのは当たり前のことで、
それができないのは相手の問題であって、
あなたの問題ではありません。
ですから、あなたが、
そのことで落ち込む必要は全くありません。
むしろ、相手に、
挨拶ができないかわいそうな人だ、
と同情してあげてもいいぐらいです。

私も今年子供会で、つい正論を言ってしまったら
その後会長に道で会ったらツーンとされてしまいました。
嫌われてるんだな、挨拶もできないんだ、と思うと同時に、
なんて子供っぽい人だろう、
意見の相違でそこまで感情的になれてむしろうらやましい、
と思い、子供会以外の場所で、笑い話にしたぐらいです。
むかついたので、次に会った時は
周囲に聞こえるぐらい丁寧にあいさつしましたが
知らん顔していましたが、それでもいいのです。
こちらは社会人として当たり前のあいさつをした、
あちらはできない、それだけのことです。
もちろんさわやかな挨拶が返ってくればうれしいですが、
自分がちゃんとあいさつできる、
それをありがたいことだと思います。


相談できる上司や同僚はいませんか。
子供のいじめでもそうなのですが、
いじめられる側には一切落ち度はありません。
いじめる側はいろいろ理由をつけますが、
それがいじめていい理由にはならないのと同じです
たとえあなたが「イエスマンすぎる」としても
それで嫌がらせをしていいという理屈はおかしいのです
あなたがどこを直しても
嫌がらせする人は違う理由を考えるでしょう
嫌がらせする人は
あなたが笑顔で
仕事をきちんとこなしているから
それにやきもちを焼いている、
という可能性だってあります
やるべき仕事をコツコツやっているなら、
その人のことを考えて
時間を無駄にするのはやめませんか。
どんな場所にいても意地悪な人はいます
転勤したりして私もいろいろ職場を変わりましたし、
子供会など地域の団体でもそうですが、
意地悪な人はどこにでも必ずいます
自分がそういう無視したりする、
意地悪な人ではないことを感謝します

神様はがんばっているあなたをみています。
なるべくその人とは最低限のあいさつだけにして、
自分のやるべきことだけやってみてはいかがでしょうか。(2017-02-04記)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

原因不明の頭痛に悩む人へ [心理]

妹が慢性の頭痛で
いつも頭を痛がっていますが
私は自分が頭痛になるまで
その痛みを想像はできても
こんなに痛いとは思わなかった!
というのが正直な気持ちでした

生理痛を
友人がいつも痛がっていましたが
自分は大丈夫だったので
更年期になって
生理痛を経験して
こんな痛い思いを毎月していたとは
自分の認識のなさに
申し訳ない思いでいっぱいでした
友人が痛がっていたとき
本当に親身になれていたかと
反省しています

どんなに愛している相手のことでも
痛みや苦しみのすべてを知ることはできないし
医師にとっても痛みはひとごと

「知は力なり」ですよね
病気について正しい知識を得ることで
むやみにその病気が怖いということはなくなるので
私もたいてい
詳しいところまで調べます
ただ、治療法はともかく、症状や薬の副作用については
詳しいものを調べ、自分に必要な対処(たとえばステロイドなら飲むと胃が悪くなるから胃薬も一緒に飲むとか)をすると決めた後で、忘れるようにしています。
理由は
思い込みが激しい私が、
医学書の症状を自分のものとして受け止めると、
どんどんこれも症状や副作用かもしれないと思って
病気を自分で増やすような気がしたからです。
実際、知り合いで
自分の病気についてしっかり勉強した後、
症状が医学書通りに増えてしまった人もいます。
病気である事実は変えられないけれど、
症状を自分から増やしてしまってはもったいない。
医師に診断してもらって
異常がないけれど頭痛がするなら、
いちど森田療法をためしてみてはいかがでしょうか。(2017-02-04記)
タグ:頭痛
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康