So-net無料ブログ作成
検索選択

電子音と自閉症 [育児環境]

ある方が電子音が自閉症の子供によくない
とおっしゃっていることを最近知りました

私もコモモの親ですから多動気味です
多動も発達障がいのひとつです
そして大人ですが、大きな音や
ゲーム機の電子音は嫌いです
大人だから避けますが
あかちゃんだったら嫌な音を聞いても
いやともいえません
だからなるべく電子音を周囲から減らすことには賛成します
ただ、それで自閉症がなくなるかは
全く私には何とも言えません
無責任ですいませんが
自閉症であってもなくても、電子音など聞かせない方がいいでしょう
と言っても世界から
電子音を消すことは不可能です
だから「なるべく」と言ったので
全ての音を消そうとすると
かえってストレスになります
やれる範囲でお試しください

また、テレビを消して
子供と触れあおうともおっしゃっています
これも賛成です


心理学は科学的根拠を示したものだけが
正しいとは限りません
統計で測れない部分があります。
それぞれの事例研究が
自閉症児に効果があるという結論をだして
一定の積み上げがあるのなら
科学的根拠が判明していないから
まちがっている、とは言えないと
河合隼雄さんが昔おっしゃていたのです
ただ悲しいかな、
すべての人に効果がありますとも
いいきれません
そもそも私は医師ではないので
これで自閉症と診断された人がよくなりますよ
とは言えません

それでも、音に苦しんだ経験のある大人の私は
この話の中に、もしかして電子音を減らすことは
すべての子供にとっていいことなのでは、
という希望をもつのです

自閉症の子が健常児に近くなるかもしれないと電子音をなくす、
その方法がわが子に適しているかはわかりません
でも試してみようと思うなら
全部の電子音を消そうとしないでくださいね
家族や近所とのトラブルのもとにもなりかねません
また音を消したら「治る」とも限りません

治るの定義にもよるのでしょうが
自閉症と誤診された子が
実は発達がゆっくりだっただけだった
テレビを消して親子で触れ合うことで
子供の発達がうながされた
というだけ「かも」しれないのですから
本当にわからないのです

真面目にやりすぎたら
お母さんが
音に対する強迫神経症になってしまう可能性もあります。
だから気楽な気持ちで
たとえば
お母さんもうっとうしいと思うような
ゲームなどの電子音なら
あかちゃんから遠ざける
ぐらいのやり方ならお母さんにも負担がないかもしれません
そしてよくなったらもうけもの、ぐらいの気持ちで。
必死になりたい気持ちはわかるのですが
ここは、気楽に、気楽に。やりすぎない。
たとえば40度近くあるのに
音がするからとクーラーを消したら
熱中症になった、では
本末転倒になってしまいます

テレビを消して触れ合う方は、
どんな子供にでもあてはまるし
触れ合って触れ合いすぎはないと思います

でもこれも
四六時中お母さんだけががんばったら
疲れてしまいます
専門家の助言を聞きながら
やすみやすみ
お母さんの気持ちいい触れ合い方を模索していってはいかがでしょうか


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0