So-net無料ブログ作成

宴会に出たくなくて悩む人に [生活]

仕事の延長で、ありますよね
私も全然苦手でした
でも、新規採用の時の職場の上司に
「これも仕事のうちだ。
会費を払って仕事をするのは嫌かもしれないが
仕事だと思ってあきらめなさい」
と言われ、毎回仕事のうち、と思って出席しました。
仕事ではありますが、
私の勤めていたところは
女性にお酌を強要したりしない職場でしたので、
お酒を断っても叱られず、
わざわざ上司のところのお酌をしにいくこともなく、
自分の席で、ごちそうを食べて、
周囲の人と少しお話をし、
回ってくる酔ったおじさんたちにお酌しつつ、
愛想笑いをうかべ、
帰宅するとどっと疲れてねる、というのがパターンでした。

幹事も順番で回ってくれば引き受けました。
誰に何をしてもらうかを先輩に教えてもらいつつですが、
幹事の方が、
足りない酒の注文や会計など雑事が多く、
気を使ってしゃべらなくて済むうえ、
感謝してもらえるので
楽でした。
ただ、幹事は酒を注いで回るので、
よったおじさんに返杯といわれると断れず、
コップで受けてこっそり皿に捨てる、
ということはありましたので、
それが一番ひやひやしましたが。
今は飲酒で車の運転は法律違反ですので
いっそ、車ですから、と、
お酒はお断りできて楽ですね

飲まなくても、酔った上機嫌なおじさんが話すことを
笑顔で聞いていればいいわけで、
無理に酔ったふりをする必要はありません
宴会といえども、話は話、おっしゃるとおり
ちゃんと相手の話を集中してきけば
相槌もおのずから自然にできるでしょうし
親しみもわくと思います

相手が聞いてくれそうなら、
子供の話もしていいと思います
ただし、先に相手の話をよく聞いて、
相手が、あなたは?と、言って
こちらの話を聞く態勢がとれてからにしましょう。

相手が話し切っていないのにこちらが話し始めると、
相手は物足りなさを感じ、
こちらの話に集中してもらえず、
せっかく勇気をだして子供の話をしかかっても、
相手が聞いていないように思えて
傷ついてしまう、
ということが起こりえます。

基本は宴会でも相手の話を聞くこと。
しっかり聞いて相手に聞かれたら、
子供のおもしろかったエピソードなどを話す。
聞かれなかったら聞かれないでいい。
職場の宴会が、
私の知っている職場の宴会と全く違っていたらごめんなさい。

もし、今までの宴会でも
今日は話しかけてくれた人の話をとことん聞いてやろう、
という気持ちで出席して、
ちゃんと相手の話を最後まで聞いていたのに
それでも孤立してしまっていたなら、
私のアドバイスは全く役に立たないです。
というか、そんな宴会なら、私は出席しません。
欠席して正解ですよ!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0