So-net無料ブログ作成
検索選択

やっと普通のしっしんに [手足口病]

お盆にコモモが手足口病になりました。
昔なったのですが、なんどでもなるみたいですね。

お盆の前に、のどが赤く咳が出るので、アレルギーかもよ、と言われつつかぜの薬をもらっていました。

病院も休みだし、おでこにひえぴたをはって、水分補給に気をつけて、クーラーの部屋ですごしたら熱は下がりました
39.7度が一日。
翌日38度、その次の日に37度。
発熱前ののどの腫れの上に、舌に大きな口内炎、手首と足首は蕁麻疹のように赤いぶつぶつ。

赤ちゃんのときに、猫の部屋にいて二日後に出た蕁麻疹のように激しいぶつぶつに、さすがに翌日かかりつけのドクターのところに飛んで行きました。
熱だけだったら一日寝ると大抵翌朝下がる子なのに、熱が続いたのもおかしいけど、それよりも、
せっかく食物アレルギーがよくなって、食事制限もキウイだけになったというのに、熱がきっかけでまたアトピーがひどくなったらどうしよう、と、親の方が熱よりも赤い発疹が気になって寝られませんでした。

医者に連れて行くまでに、発疹があるとき、我が家はタクトを愛用しています。
あせもに使う薬なのですが、ステロイドをコモモには一切使っていないので、かゆがった時にすっとするようで、保育園で水疱瘡になった時も、最初は予防接種もしていたし、何のぶつぶつかわからず、とりあえずタクトを塗っておきました。感染する湿疹(とびひなど)にステロイド軟こうを塗ると、周囲に移ることがありますが、タクトは石膏みたいに固まるので、いい感じです。
今回もとりあえず水をもった発疹も少しあったので、夜タクトを塗ってありました。

診断は手足口病のひどいもの。
もっと小さいときのより、ひどかったです。
どうやら発病の5日前に学校のプールで移されたらしい。
潜伏期間があるそうです。
大人にも移る型だそうで、妹は、お盆で里帰りし、ユーターンしたとたんに40度発熱したそうです。大人なので、皮膚が厚いからか、ぶつぶつは皮膚の内側で目立たなかったようですが、大人に移ると結構大変。
今は咳が残っていますが、元気になり、首の後ろ、背中のあせも、手足の折れ曲がるところのしっしんは残っています。アトピーに完璧を求めると、辛いので、この程度なら普通に戻ったと思うことにします。


盆と正月だけに会う、父方、母方のいとこやはとこたちに会えず、私自身もお盆を過ぎたという感覚がなくてちょっとさみしい夏でしたが、皆勤賞を目指しているらしいコモモは、学校を休まなくてすんで喜んでいます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。