So-net無料ブログ作成

今回のスキンケアーペナパスタ [アレルギー]

埃を吸って、アトピーが悪化しました。
二週間違う種類の抗生物質をのみ、だいぶよくなりましたが、
その間に卒園式、入学式があり、見える首や顔がぼろぼろ
というか、黒ずんで、ひりひり痛いうえ、化粧も出来ず。
人間の年齢って、首で判断するんですね。
自分でも首がしわしわで、汚いとおばあさんのようだと思ったのですが、
案の定、コモモの初対面のお友達に、初下校のお迎えに行くと、おばあちゃん?と聞かれてしまいました。

今回のアトピーの悪化で困ったのは、何を塗っても痛い首と肩でした。
季節の変わり目はアトピーが悪化するとはいえ、これだけ痛かったのは久しぶりです。
上半身が痛いのは、普通以上に痛みを感じますね。
今はステロイドの内服をしていないので、なおさらでしょうが、やっと普通に戻った、と思えるのに1ヶ月以上かかりました。
またひどくなったときに忘れないようにするためにも、ちゃんとどうやって良くなったかをまとめます。

いつもはプロペト(ワセリン)はふき取ってもかゆくなるので、
ザーネクリームと、オリーブオイルにミツロウ、カモミール、ラベンダー、ティートゥリーオイルをブレンドしたものを保湿に使っていますが、今回はザーネも痛い。
,ちょっと肌がじゅくじゅくしているときによく効くモクタールを布にぬってシップは塗るとひりひりと痛くて使えませんでした。

頼みのボララミンもあまり効かず 抗生物質の後はアレグラの内服に変えました。

抗生物質は、カゼをひいてアトピーが悪化したときに飲むとじんましんのような湿疹は消えます。全身状態をよくして、部分的な湿疹にまで回復させるわけです。今回は1週目は忘れました。二週目はフロモックスを処方されました。

アトピーの人の基本のスキンケア、
入浴後(と言っても痛かったときは石鹸でシャワーのみ。痛くなくなってから石鹸で洗って入浴、イソジンで消毒)濡れたままで、風呂場で プロペトを患部中心にごっそり塗って、タオルでふき取ります。
軽快してなおかつ暖かいときはあせも水(ハッカと尿素などの混合水)をその後にふりかけて水分を取る。

風呂場から出て、春と言っても寒かったので 冷えないように注意して、まず患部にペナパスタ。
この塗り薬は、あまり使っていなかったのですが、塗った直後はザーネと同じ感触で、ひどいときは塗るとひりひり痛いです。
でも少し我慢すると、痛いのがなおって違う薬が塗れます。
間違って唇に塗ったりすると、歯の麻酔が口に付いた時のように、軽くしびれた感じがよくわかります。

プロペトはしみないので痛くないけれどずっと塗っておくとべたべたでかえってかゆくなりますから、風呂場で一旦ふき取って、
その後ペナパスタで痛みを抑えてザーネをぬる訳です。

でもひどいときはそれでもまだ乾燥していたので、その上からプロペトを塗り、
外出先でもしょっちゅうペナパスタとザーネを首などは継ぎ足していました。
ちなみに、首には綿のやわらかいガーゼのストール。ねるときは長いと寝にくいので、手ぬぐいを縦半分に切ったものを巻きます。

汗で かゆければ市販のタクト。
でもタクトだけだと、時間がたつとぱさぱさになり またかゆくなるのでタクトの上からザーネ。

肌の調子がよくなって、痛くなくなってきたら、入浴後プロペトの後にグリパスニゾラール、ペナパスタ、ザーネを手早く塗ります。
いずれも塗った後は綿のシャツの縫い目を裏返して着て、朝(ひどいときは夜もう一回)新しいシャツに替えます。これはシャツに自分の肌の破片が付いて、またかゆくなってしまうからです。
無印良品の紳士用のシンプルなVネックの白いシャツを愛用しています。

ステロイド入りの塗り薬は、ひどくなってから20日ぐらい経って、ジクジクがなくなってから、夜に1回リドメックスザーネ混合軟膏をぺナパスタの次にたまに塗りました。
ステロイドは塗ったときはみかけがきれいになるのですが、ひどいときだと掻くと血が出てかえってひどくなりやすいので、なるべく塗らないほうが、知らずにひっかいてしまっても被害が少ないのです。

ひじの内側、首は特にひどかったので、ひりひりが収まってからは、グリパスベシカムを布に塗って、そのうえから布を巻いて、紙テープでとめる(テープが肌に触るのはかゆくなるので極力さける)。
1時間もするとむずむずするのでそうなったら掻かずにシップをふき取って、ペナパスタ、ザーネをぬりなおし、必要なら布を巻きなおす。布はうすいジャージ(綿シャツの生地)。古くなったTシャツを細く切っておくと柔らかくて巻きやすいです。

こんなにひどくしてしまったのは、毛布の埃をマスクなしで吸ってしまったのがきっかけですが、春はいつも多少はひどくなるのですがステロイドを飲んでいない春は珍しいので毛布だけのせいではないかもしれません。
気分的にはステロイドを終了したばかりの去年の春に比べればとてもいいのですが。というか去年の春がおかしかったというべきか。

つけたしですが、コモモの好きなVC3000タブレットも1日10個ぐらい食べました。ビタミンはお肌にいいかな。と。毎食後野菜は食べているのですがそれにプラス。
医師からはビオチン、温経湯、六君子湯が処方されていて朝晩飲んでいます。

私の経験が参考になるいいのですが。
小さい子どもにあせも水、ペナパスタを使う場合、あせも水は春はまだハッカのスースーで結構寒いです。
ストーブをつけてぬってちょうどいいぐらい。でも、汗っかきな子なら、春からあせも水は必要でしょう。コモモも寒いよーと抗議しながらパパに塗られています。
ペナパスタは、ぬってから痛みやかゆみが治まるまで10分ぐらいはひりひり痛いです。その10分をがまんすると痛くなくなるのですが、もし子どもが、ぬられるのを嫌がったら、大人でも耐え難いようなひりひりを今感じているのだなと、理解してあげてください。
嫌がるのを叱りつけてはかわいそうです。わがままで嫌がるのではなく、かゆみが止まる前の「痛さ」を嫌がっているのです。どうか優しく、「ちょっとだけ我慢しようね。すぐかゆいの止まるからね」、と言ってあげてください。自分がこの薬を経験して実感したことです。半端な痛さではありません。痛ーい、痛ーい、と、自分で塗りながら何度叫んだことでしょう。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。